やたいち日記


食材日記です
by yataiti1gou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チャリティーイベント出品酒 其の四 『南部美人』

『蔵の歴史』

創業は明治三十五年ですが、「南部美人」という銘柄は昭和二十六年に命名

当時、全国的に精米歩合も低く雑味の多い甘い酒が主流の中で

綺麗で美しい酒を造りたいという思いと

岩手県二戸市は昔から南部の国と称し呼ばれており

素晴らしい自然や風土と豊富な水に恵まれた土地であることから

地名の南部と綺麗で美しい酒質イメージから「南部美人」と命名したそうです

その南部美人を醸してきたのが、平成四年に国の卓越技能者「現代の名工」

そして平成7年に勲六等瑞宝章を受賞した、南部杜氏の故山口 一 杜氏です

山口杜氏は、南部杜氏自醸酒鑑評会において連続50回以上優等賞に入賞

さらに昭和54年、55年と平成13年、14年には2年連続して首席となり、大蔵大臣賞を受賞しました

合計4回の首席受賞は南部杜氏史上初の快挙です

また東北鑑評会、全国鑑評会では多数の入賞歴を誇りますが

近年では平成13年、14年と連続して金賞を受賞

世界の酒類コンクールであるモンドセレクションでは

1997年から6年連続してゴールドメダルを受賞した凄腕の杜氏さんでした


『現在の南部美人』

現在は、山口杜氏の元、生え抜きの副杜氏として働いてきた松森淳次が杜氏に就任し

新たな南部美人の酒造りに、五代目蔵元久慈浩介とともに邁進しております

両者とも、岩手県が認定する青年卓越技能者表彰を受けており

このような例は岩手でも稀なほど、技術についての評価が高くなっています

また近年は、アメリカ、イギリス、香港、ブラジル、ドバイ、シンガポール、マレーシアなど

世界21カ国への輸出もされるようになり、世界中で南部美人が愛飲されています

原料米のほとんどは岩手県産米で仕込み

酒造好適米の「美山錦」に「トヨニシキ」


『地の米と水、そして貯蔵』

岩手県は四国と同じくらいの面積を持つ日本で一番広い県です

したがって県南と県北では気候も大きく変わります

この変化に対応して県南は「吟ぎんが」、県北は「ぎんおとめ」を栽培しています

※「吟ぎんが」は岩手県初の酒造好適米、その妹分の酒造好適米が「ぎんおとめ」です

特に県北に位置する南部美人は、特別純米酒に積極的に「ぎんおとめ」を用い

純米吟醸には「吟ぎんが」や「美山錦」を使用します

また平成5年の大凶作の年、沖縄県石垣島から種もみの増殖協力を頂いた

岩手県オリジナル品種である「かけはし」などを

折爪馬仙峡の中硬水の伏流水を使用し醸す南部流の酒は

非常に優しく酒質の絶妙なバランスと切れ味の良さを特長とします

貯蔵方法は、生酒は全量氷温貯蔵(-4℃から-10℃の冷蔵庫とサーマルタンク)で

大吟醸や純米吟醸酒、本醸造などの8割を越える特定名称酒は

全て5℃以下の冷蔵庫で貯蔵しています

その他の普通酒も10℃以下の蔵で貯蔵しており

全ての酒を炭素濾過せず、米や酒本来の旨味を大切にし

この蔵の思い描く万全の管理をしています



d0176160_14591618.jpg
  
  
  『南部美人 特別純米』

  南部美人の主力となる酒で
  地元の酒米「ぎんおとめ」で仕込んでいます
  若干メロンのような香りがあり
  軽妙な味の流れで豊潤なふくらみも感じます
  
[PR]
by yataiti1gou | 2011-04-21 17:02 | 日本酒
<< チャリティーイベント出品酒 其... チャリティーイベント出品酒 其... >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧