やたいち日記


食材日記です
by yataiti1gou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

つぶ貝 蝦夷法螺 『真つぶ』

日本近海だけでも100種類を軽く越えるほどエゾバイ科に属する貝類はあります。

ツブとかバイというのはこの科に属する巻貝の総称です。

その中でマツブと言われているのがこのエゾボラ。

北海道以北に棲息し、漁獲サイズに成長するまでには約10年。

大型サイズになるには約15年以上が必要と言われています。

大型なので身が多く味も良いので市場ではもっぱらの常連。

コリコリとした弾けるような食感に適度な磯の香り、

あっさりとした中にほんのりとした甘さが酒飲みの心を鷲づかみにします。

ちなみに回転寿司ではあまり人気のないツブ貝ですが、

あれは冷凍の剥き身で輸入されているヨーロッパエゾバイなどで、

活ものの北海道産とはピンとキリの差。


d0176160_16382065.jpg



「つぶのあぶらを食うと酔う」とよく言われています。

これは、この貝の身を半分に切ると「あぶら」と呼ばれている、

黄色もしくは白い肝のようなものが出てきます。

この唾液腺にテトラミンという毒があり、

こいつを取り除かないまま多量に食べると中毒をおこすからです。

命に関わることはありませんが、交感神経刺激と運動神経末梢麻痺で、

目が見えずらくなったり、酔っぱらった気がしたり、散瞳、頻脈等を起こすことがあります。

テトラミンはとても熱に強いので加熱調理しても毒性は弱りません。

しかも水溶性で、他のものと一緒に煮たりすると毒が移行してしまいます。

ちなみに映画 『武士の一分』で、毒味役の三村新之丞(木村拓哉)は、

このツブ貝の毒で失明したことになっているってんだから、みなさまくれぐれも丁寧なおそうじを。
[PR]
by yataiti1gou | 2011-09-25 01:36 | つ行
<< さんま 厚岸ブランド 『大黒さんま』 おくら >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧