やたいち日記


食材日記です
by yataiti1gou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

デキる男のマナー講座 『箸偏』

『箸の歴史』

日本に箸が入ってきたのは、弥生時代の末期といわれています。

その当時の箸は現在のように二本一組の箸ではなく、

細く削った一本の竹を熱で折り曲げ、ピンセットのように挟んで使う「折箸」だったそうです。

当時の箸は一般の人が使うものではなく、

神様が使う神器であり、天皇だけが使うことを許されたものでした。

箸が日本で初めて一般の食事に使われたのは7世紀の初め頃のようです。

初めて箸を食事に使わせたのは、皆様ご存じの聖徳太子。

聖徳太子は中国(随)に使節を送りました。

そこで王朝の人たちが箸を使って食事をしているのを見て大変驚いたそうです。

日本に戻った使節からこの報告を受けた聖徳太子は、

中国の使節を日本に招待する時のために、

大急ぎで箸を使った食事の作法を朝廷の人に習わせたといわれています。

ここから、日本で箸を使う風習が始まりました。

8世紀頃からは、箸食の文化は一般にも広がり、

「折箸」から「唐箸」と呼ばれる現在使われているような二本一組の箸になっていきました。

素材は竹が主に使われていたことから「箸」という字に「竹かんむり」がつかわれているようです。

その後、竹以外にもいろいろな材質が使われるようになり、

江戸時代に入ると漆塗りの技術を施した「塗箸」も生まれ、

様々な色や形の箸が作られるようになり、現在までにいろいろな箸が誕生したというわけです。

まあ昔々の話ですのでいろいろな説がございます。

その中の一説ということで。


『箸の種類』

日頃、たいして気にも留めない割箸ですが、一膳一膳に様々な用途や意味合いがあります。

お客様の口に直に触れるものですから、その時々の様子にあわせて選びたいものです。

おもてなしの表れでもある『御箸』 。

箸の意味合いを知ることで、おもてなしにもツヤが出て参ります。


利久箸
 
d0176160_1434450.jpg






この利久箸の考案者は「千利休」といわれています。
そのため「利久箸」と名付けられました。
しかし「利休」ではなく「利久」と書くのは、
商人たちが「利を休む」ことは縁起でもないと「利久箸」としたそうです。
千利休は茶懐石で客人をもてなすとき、
その日の朝、杉の木から一膳一膳小刀で自分で削ったといわれています。
まさにおもてなしの鏡ですね。
杉の香りまでも、もてなしに使うなんていかしてますね。
利休は杉の木を使いましたが、世間一般では両柳の素材が最高とされています。
春に芽吹く柳の木を使うのは、縁起が良く、祝い膳の節度を正す気持ちが込められているからです。
両方の端を細く削って左右対称の形を「両口」といいます。 
両口になっているのは、神様と人とが同じ箸を使い共に食すことで、
神の魂を呼び込もうとの願いからだそうです。
片方を神が使い、もう一方の端を人が使うというわけです。
よく料理を取り分けるとき、両口箸を逆にして反対側を使う人がいますが、これはNGですよ。


天削箸
 
d0176160_14281674.jpg






天削箸は頭部をヘラのようい斜めに削り、溝を付けず先端のみ面を取ったものです。
この箸の特徴である天を削いだ形は、神社の屋根にそびえる千木を形どっており、
利久箸と同じく、天の恵みを受けて神との共食を象徴しています。
利久箸と共にハレの箸の略式として用いられます。
小料理屋や料亭などで使われています。


元禄箸

d0176160_14255282.jpg






元禄箸は4つの角を削り、割れ目に溝を付けて割りやすく加工したものです。
正式には「元禄小判」と称して明治20年ごろ奈良県吉野郡下市にて考案されました。
この名称の由来は、元禄時代に江戸幕府が財政立て直しの窮余の一策として、
金の含有量を減らし貨幣を改悪した小判を「元禄小判」と呼びました。
これと同様に箸の4つ角をとり、溝をつけて木の分量を減らした事からこのように名付けられました。
立ち食いそばやらーめんやなどで使われています。


丁六箸
d0176160_14191316.jpg





丁六箸は箸全体に角があり質素なもの。
箸の長さは他のものに比べ短いため、使いずらいのが難点。
コンビニ弁当などに使われています。

 
『嫌い箸』

多くの人が会食をする場では、人々が忌み嫌う箸使いを「嫌い箸」と呼び、

昔からしてはいけない無作法な箸使いとされてきました。

それでは一挙に嫌い箸!


刺し箸…フォークのように食べ物を刺して食べる。

渡し箸…食後箸を椀の上に置く。

迷い箸…どれにしようかと箸を宙に迷わせる。

寄せ箸…箸を使って自分の手元に器を引き寄せる。

探り箸…箸で料理の中身を探る。

握り箸…箸を握って使う。見た目が悪いだけでなく昔は攻撃の意味にもなったようです。

ねぶり箸…箸を口の中に入れてなめる。

込み箸…箸で料理を口の中にいっぱいに詰め込んでほおばること。

逆さ箸…自分の箸を逆さにして使う。

差し箸…箸で料理や人を指指すこと。

そら箸…器まで箸を近づけておいて料理を取らないこと。

竹木箸…不ぞろいの箸で食べる。

こすり箸…割り箸を割ったときのささくれをこすって落とす。

たたき箸…箸で器をたたく。

立て箸…箸をご飯にさすようにしえて箸休めする。

ちぎり箸…箸を一本ずつ両手に持って料理をちぎる。

振り箸…箸の先についた汁などを振って落とす。

もぎ箸…箸の先にくっついたご飯粒を口でとる。

楊枝箸…箸を爪楊枝の代わりに使って歯をほじる。


意外とやっちゃてませんか。

やっぱりデートはカウンターに限りますね。

おねえちゃんは左。

ぼくは右。

これで手元は見えません。

それにしても今日は寒いですね。

あつあつのおでんあたたまってます!


カウンターの店  やたいち
[PR]
by yataiti1gou | 2011-12-16 16:54 | そのほか
<< 聖護院かぶ 山東菜 (さんとうな・さんとうさい) >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧