やたいち日記


食材日記です
by yataiti1gou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

うるめいわし

俗に『三代いわし』といわれる、カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシのなかで、

最も大きくなるのがこのウルメイワシ。

でかいやつになると、そこらのサンマよりもでかい40センチにまで達します。

小型のものは、カタクチイワシ同様に煮干し、

中型のものは目刺や丸干し、

大型のものは鮮度次第で刺身がうまい。

但し、鮮度落ちが非常に早いので流通が限られ、

海辺以外では、なかなかうまい刺身に出くわすことがありません。


d0176160_19312975.jpg



ウルメイワシは、脂瞼(しけん)と呼ばれる透明な脂質の膜で目が覆われています。

この事から目が潤んで見えるため、ウルメイワシとよばれています。

身近な魚では、ボラやニシンなどもこの脂瞼(しけん)が発達しています。

脂の乗りは、産地により若干の違いはありますが旬は冬。

この時期の刺身は滅法うまい。

酢なんかでしめたら酒の肴に最高ですよ。

刺身もさることながら外せないのがなんといっても丸干し。

お燗なんかでちびちびやるにはもってこい。

土佐の大きな釣りもんの丸干しや、紀州のものが有名ですよね。

ウルメイワシは『三代いわし』の中で最も漁獲量が少なく、

イワシ類の干物ではこのウルメが最も美味でお値段お高め。

主な産地は九州や山陰、四国などが有名ですが、

我が千葉県でも、マイワシやカタクチイワシほどではありませんが水揚げがあります。
[PR]
by yataiti1gou | 2012-07-10 15:01 | う行
<< 石鯛 かれい >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧