やたいち日記


食材日記です
by yataiti1gou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんにゃく

最近は、ダイエット食品としてお姉さま方に大人気のこんにゃく。

そのほとんど(96%~97%)が水分だってんだからなるほど納得。

どうりでカロリーが低いわけですよね。

水分以外の主成分はグルコマンナンという成分で、

なんと、人の消化酵素では消化されないので、そのほとんどはカロリーがないそうです。

しかも胃の中で水分を吸って何十倍にも膨れるってんだから、

まさにダイエット食品の王道というわけです。

そのほか、便秘解消や血糖値、血中コレステロールを下げる効果や、

免疫増強活性があるとも言われています。

このこんにゃくの原料となる『こんにゃく芋』が日本へ渡来した説はいろいろとございますが、

定説をひとつご紹介いたします。

原産地はインドシナ半島と言われ、

島伝いに農耕文化の北方伝来とともに縄文時代には日本に伝わっていたと考えられています。

文献に残る記録では、

6世紀頃に中国から薬として仏教とともに伝わったのが最初だとされています。

食用としては、中国で唐代(BC700年頃)こんにゃく芋を灰汁で煮て食べた記録があり、

さらに四川省、湖北省等で栽培されていた記録が残っているので、

豆腐と同様、仏教によって肉食を禁じられた代わりの副食物として揚子江流域に発展し、

その後日本へ仏教の伝来とともに輸入されたと考えられます。

食用として中国からの移入が盛んになってもこんにゃくを口にできたのは、

貴族や僧侶などの一部上流階級の人々だけだったそうです。

鎌倉時代の文献には仏前のお供えとしていた記述が残されており、

このころから路上で売られるようになりましたが、まだまだ庶民には高嶺の花。

ようやく庶民に普及したのは江戸時代に入ってからだといわれています。

その背景には、水戸藩の中嶋藤右衛門が、

栽培に適する土地が限られ、しかも腐りやすいなどの理由により、

食べられる地域や季節が限られていたこんにゃく芋を、

製粉(乾物)することを考案し、年中食べられるようにしたからだといわれています。

後に全国各地に販路、消費、産地が広がり、庶民の味となったそうです。

明治のはじめ頃まで

このこんにゃく粉は水戸藩の専売品として他県での販売が禁止されていたため、

水戸藩の財政に随分と貢献したそうですよ。

水戸藩の専売が解禁した明治以降は流通が活発化し、

生産・製造が本格的に分業されるようになり現在にいたりました。


d0176160_1543848.jpg



※製粉したこんにゃく粉でこんにゃくを作ると、白いこんにゃくになってしまいます。

しかし、昔は皮ごとすり下ろしてこんにゃくを作っていたため、灰色に黒いテンテンが通常、

白ではこんにゃくらしくないと評判が悪かったため、

ひじきの粉を入れて意図的に色をつけるようになったそうです。

現在のこんにゃくは、大半がこの製造方法で作られていますが、

冬季になると『道の駅』やデパートなんかには、粉ではなく生のこんにゃく芋をすって作った、

生芋こんにゃくが売られています。

お見かけの際はちょいと試してみてください。

ふるふるとした柔らかな食感がちょっとくせになりますよ。
[PR]
by yataiti1gou | 2012-01-30 17:03 | こ行

赤ねぎ

冬の味覚といえばなんたってネギ。

薬味にして辛味を添えたり、ちゃちゃっと湯がいて酢味噌であえたり。

焼いたって鍋に放り込んだって、とにかくうまいのがこの季節のネギ。

今回は、そんなネギの中でも一風変わったものを見つけたのでちょいとご紹介いたします。

通常、ネギと言うと長ねぎや青ねぎを思い浮かべますが、

山形の酒田市(旧・平田町)飛鳥、砂越、楢橋地区では、

写真のようななんとも色鮮やかな赤いねぎを栽培しています。

国内では他に茨城と広島の2ヶ所しかつくられていない、とても珍しい『赤ねぎ』というねぎです。

通常の白い長ねぎは、栽培に要する期間が六ヶ月程度なのに対し、

この赤ねぎは収穫までに倍以上の十四ヶ月もの栽培期間を要するため、

味の良さが認められつつも市販されるまでの収量には至らず、

農家が自家用につくる程度の在来野菜でした。

しかし、栽培技術の改良と直売所や組合の努力が実り、現在では少しづつ栽培量は増えています。

本来、平田の赤ねぎは「仙台曲がり葱」同様に、

斜めにネギを定植させる栽培法のため湾曲した形状をしていましたが、

首都圏や県外などに出荷するものは、流通の効率化や見てくれの観点から、

畝(うね)を高く盛り上げ、根から茎までを土で覆ってまっすぐに育てているそうです。


d0176160_2253321.jpg


江戸時代末期、山形の母なる川『最上川』は、日本海と内陸部の経済や文化の交流を担い、

お米や紅花などを積み込んだ「小鵜飼船」が上り下りしていたそうです。

ある時、平田の船着き場に舟運で大層な難儀を強いられた船乗りと上方商人が立ち寄り、

湧き水を飲ませてもらったお礼にと、赤ねぎの種を置いていったのが伝来といわれています。

当時、赤ねぎは薬用としても貴重なもので、ねぎ味噌を熱湯に溶いて風邪薬として飲んだり、

擦り込んだ赤ねぎを痛み止めとして患部に張り付けていたようです。

ねぎ特有の匂いは、消化液の分泌を促す働きがあり、辛味成分は発汗作用を促します。

食べることにより、内側から体を温めるため風邪に効果があるというわけです。

赤ねぎは、通常の長ネギに比べてビタミンCの含有量が多いこともお姉さま方には利点、

他にも鼻づまり、下痢、下血、リウマチ、乳の出をよくするなんて働きもあるそうですよ。
[PR]
by yataiti1gou | 2012-01-26 00:55 | あ行


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧