やたいち日記


食材日記です
by yataiti1gou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

花にら

さて今回ご紹介するのは「花にら」です

台湾から伝わった「テンダーポール」という食用の花にら専用種で

ちょっといい中華料理店なんかに行くと、良く炒め物などに使われています

お馴染みの葉っぱの部分を食べる「葉にら」よりも香りはやさしく柔らかな甘みがあり

しっかりとした歯ごたえが特徴です

ひとつ注意したいのは

観葉植物にも「花にら」という同じ名前の植物があることです

食用「花にら」の遠い親戚のような植物で、見た目も似ていますが

毒をもっているので食うと腹をこわしてしまいます

まぎらわしく畑のすみに自生してたりもするので、くれぐれもご用心を


『スタミナ野菜』

にらは、疲労回復の働きをするビタミンB1を多く含み

さらにビタミンB1を体内に長くとどめ、効力を持続させる硫化アリルを含んでいるので

スタミナ野菜と呼ばれているわけです

ねぎ類と栄養価は似ていますが、ビタミンAを豊富に含むのがにらの特徴です

このビタミンAは、からだを温める効果があるので

夏ばてしたり、カゼをひきやすい人にはもってこいの野菜です

そしてお姉さま注目のビタミンA(カロチン)は、

1日の必要量の9割近くをまかない、皮膚や粘膜を健康に保ち

肌のかさつきを防いで潤いを与えてくれます

また、ビタミンAに変換されなかったβカロチンは強い抗酸化力を持っていますので

体内の余分な活性酸素を除去もしてくれますよ

最近では、体内の毒素を封じ込める働きがあるケルセチンにより

デトックス効果が認められました

ただし空腹時の摂取は胃を刺激して炎症を起こしたり、貧血になることもあるのでご注意を



『にらの種』

にらの種子は、韮子(きゅうし)という生薬で

腰痛、遺精、頻尿、下半身の冷え・下痢・帯下などに使われています

葉は韮白(きゅうはく)という生薬で強精、強壮作用があるといわれています

腹痛や下痢・疲労にはニラ雑炊を食べると良いそうですよ

d0176160_16124254.jpg


にらは東アジアの各地に自生し、中国や東南アジアでは古代から栽培されていますが

不思議なことに、ヨーロッパでは現在でもほとんど栽培されていません

日本では、すでに古事記や日本書紀にも記述があり

万葉集には”久々美良”という名で登場しています

この「みら」が転じて「にら」となったのではないかといわれています
[PR]
by yataiti1gou | 2011-08-19 17:04 | は行
<< 里芋・きぬかつぎ たこ類最大の『水たこ』 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧