やたいち日記


食材日記です
by yataiti1gou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

聖護院かぶ

かぶは渡来して1000年以上と日本でも歴史のある野菜のひとつです。

昔は春の七草でお馴染みの”すずな”と呼ばれていました。

赤いのやらでかいのやら、かぶは日本各地に約80もの品種があるそうです。

その中から今日は『聖護院かぶ』をご紹介いたします。

聖護院かぶは、享保年間(1716年~36年)に、

京都市左京区聖護院の篤農家・伊勢屋利八が、近江かぶの種を持ち帰り、

京都の風土に合わせて品種改良した日本一大きなかぶです。

一見、似たように見える丸い大根 『聖護院大根』 がございますが、

食べれば一目瞭然、まるで別物です。

植物学的にもかぶと大根は全くの別種。

料理の用途も変わって参ります。

お買い求め際はお間違えのないように。

d0176160_16481629.jpg


京漬物の代表格、千枚漬の材料として需要の多い聖護院かぶ。

秋から冬にかけての気温の低下により、水分と甘みが一層増しおいしさが一段とさえて参ります。

このかぶは食物繊維が少なく肉質がとてもなめらかなのが特徴です。

特にビタミンCが豊富で消化酵素のアミラーゼも多く含んでいます。

酒飲みのお姉さまには打ってつけの野菜というわけです。

大根と違い軟らかい葉は、根よりも実はビタミンやミネラルが豊富です。

捨てる事無くお浸し、細かく刻んで菜飯などに活用しきっちりおいしくいただきましょう。

ちなみに、お漬物で有名なご存知の野沢菜。

こいつは実はかぶの葉っぱなんです。

これは『天王寺かぶ』というかぶが、

信州の気候風土により葉のほうが立派になってしまった変種なんです。


『京の伝統野菜とは』

京都に都が置かれていた明治維新以前から生産されていた歴史を有する野菜の品目で、

昭和62年の認定開始以来、現在まで41品目の野菜が京都府によって認定されています。

その中には、種の保存の為にのみ栽培されている野菜や既に絶滅してしまった野菜、

栽培されていないものの種が保存されている野菜なども含まれています。

さすが歴史のまち京都ですね。

野菜もちゃんと守られています。

今のご時世、商売商売でつまらないブランド野菜や、

クセがないだの甘いだの、

個性を出してえのか消してえのかわからねえ品種改良やハウスなんかのひ弱な野菜だらけ。

硬くたっていいじゃねえか。

噛みしめる喜びがあるんだから。

アクがあったっていいじゃねえか。

野菜だもの。

酒然り、歴史や伝統は受け継ぐ時代から守る時代になったのかもしれません。

もっと大地を噛みしめているような野趣あふれる野菜を食いたい。

そんな夢をかなえてくれるのが、この『京の伝統野菜』というわけです。
[PR]
by yataiti1gou | 2011-12-29 13:45 | し行
<< 赤ねぎ デキる男のマナー講座 『箸偏』 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧