人気ブログランキング |

やたいち日記

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

めかぶ

魚河岸に春の新物わかめが並ぶ頃、

一緒にそっと並ぶのがこのめかぶ。

わかめは海藻なので根はないのですが、

俗にわかめの根の部分(かぶの部分)といわれている所です。

そのねばねばとした食感に磯の香りは、めしに酒にともってこい。

近年では、スーパーなどに便利な小分けパックしたものが一年中売られていますが、

そのほとんどが中国産で味も付いているため、春採りの新物めかぶとは香り味とも天と地の差。

ぜひ今時季の新物生めかぶを探してみてください。

地域により「ミミ」「ネカブ」「カブ」「メヒビ」などさまざまな呼称があり、

古くは、乾燥させたものが民間薬としても利用されてきたそうです。

d0176160_1618934.jpg


めかぶのヌルヌルは水溶性の食物繊維で、

同重量の野菜と比較した場合、野菜のなんと15倍、

わかめの20倍とも言われるほど食物繊維がたっぷり!

お通じには、そこらのお薬よりよっぽど効き目がありそうですね。

この水溶性食物繊維には、フコイダンとアルギン酸という成分がとても多く含まれています。

これらの成分には、近年注目されている効能がいろいろとございますので、少しまとめみました。


1 毛母細胞を活性化し育毛する効果。

2 胃の粘膜を保護するため悪酔いや二日酔いの予防。

3 胃潰瘍の原因の90%といわれている「ピロリ菌」の吸着を防御。

4 腸内の余分な中性脂肪やコレステロールを体内から排泄。

5 砂糖などの栄養素吸収を緩和する作用により血糖を下げて糖尿病の予防。

6 塩分を吸収して体外へ排出するため、血圧上昇の防止。

7 免疫機能を高めアレルギー症状を緩和。

8 がん細胞をアポトーシス(自己崩壊)させる効果や免疫力を活性させる抗ガン効果。

9 血液浄化作用で動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの循環器系の病気予防。

10 体臭の原因となる体内のアンモニアや硫化水素などを体外へ排出するため体臭の予防。

11 口内の唾液を分泌促進させる効果で、口臭の原因になる口内細菌の繁殖を抑制。


ここまで身体に良くちゃ食わないわけにはいきません。

ちょと魚の品揃えにチカラの入ったスーパーやデパートに、

きざむ前のめかぶがゴロンと丸ごと売ってます。

ぜひ今夜の肴にでも探してみてください。

調理は、さっと茹でてきざむだけ。

生姜醤油で食うとうまいですよ。

※ただし薬ではないので、一度食べて効果が出るわけではございません。

 ぜひ、食卓や酒の席にちょいと一品添えて、ひとくちだけでもコツコツと続けてお召しくださいませ。
by yataiti1gou | 2012-02-23 01:47 | め行
<< 亀の手 納豆 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たかやしろエステートブラン
at 2013-02-24 22:23
日置桜
at 2013-01-07 16:47
鷹勇
at 2012-12-16 17:07
鯉川
at 2012-11-30 00:20
さつまいも・蔓無源氏(つるな..
at 2012-11-23 01:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧